Pocket

富士山は日本一の霊山としてよく知られている山。霊山には必ずそこに神社も鎮座しています。前回は、その富士山にある霊験あらたかな神社として富士山本宮浅間神社をご紹介しました。  富士山のパワースポットなら富士本宮浅間神社!どんなご利益があるの?

富士山で一番有名かつ、霊験あらたかなのは富士山本宮浅間神社ですが、この神社とセットでお参りするといいと言われている神社があります。
それは北口本宮富士浅間神社。

実は、富士山本宮浅間神社と北口本宮富士浅間神社は同じ祭神をお祀りしています。木花咲耶姫です。同じ木花咲耶姫をお祭りしている神社ですが、この二つの神社は全く雰囲気が違います。今回は、北口本宮富士浅間神社をご紹介したいと思います。

北口本宮富士浅間神社の成り立ち

景行天皇40年(西暦110年)に日本武尊(ヤマトタケル)がご東征の折、足柄の坂本(相模国)から酒折宮(甲斐国)へ向かう途中で、「大塚丘」にお立ち寄りになられました。その時、「大塚北方に美しく広がる裾野をもつ富士は、この地より拝すべし」との言葉を残しました。そして、そのお言葉に従い大塚丘に浅間大神と日本武尊をお祀りし、北口本宮富士浅間神社が創建されました。

富士山に初めて登ったのは、大宝元年(701)の役小角(えんのおずね)という行者(仏道・修験道の修行をする人)と言われています。関東地方では、富士信仰を礎とした富士講と呼ばれる民間信仰が幅広く流行しました。富士講の開祖と仰がれる藤原角行師は、天正5年(1577)に登山しています。

ご祭神は
浅間大神と呼ばれる北口本宮富士浅間神社のご祭神:

木花咲耶姫
主な御神徳は安産・火防、富士山の女神。
大変美しい女神であり、天孫・瓊瓊杵尊の妻となり、猛火の中で3柱の皇子出産したと言い伝えられていることから、安産のご利益が有名です。また、芸能の神、酒造の神、養蚕の神としても信仰を集めてきました。
水を司さどり、転じて交通や流通の神でもあります。

彦火瓊瓊杵尊(ひこほのににぎのみこと)
天照皇大神の孫神様で、天孫降臨をなされ、木花開耶姫命を娶られました。三種の神器を現世にもたらしました。神武天皇の曾祖父神様で、昔話で名高い海幸彦・山幸彦の父神様です。木花咲耶姫と強い絆で結ばれた夫婦神として、夫婦和合・夫婦円満の霊験あらたかです。                                    大山祇神(おおやまづみのかみ)
姫神の父神様。家庭円満を導くために、姫神様ご夫婦と一緒に祀られています。

北口本宮富士浅間神社の見どころ

まずは、正面から、杉並木を抜けると日本で最大の木造の大鳥居が出迎えてくれます。

大鳥居、隋神門(神門)をそのまま進むとその脇に、太郎杉と夫婦杉。その跡に拝殿、本殿と続きます。
(本殿)


(東宮本殿)


(西宮本殿)(写真はすべてCC: Kouchiumi )

北口本宮富士浅間神社の境内には、太郎杉、次郎杉、夫婦杉と沢山のご神木があります。拝殿の左側にあるあるのが、ひときわ明るいパワーを放つ “富士太郎杉”。のびのびと天に向かっている姿から、ご利益は「迷いがなくなる、リーダーシップ運」とのこと。

(出典:巨樹と花のページ)

向かって右側にあるのは “富士夫婦桧”。日本の桧が寄り添うように生えていることから、太郎杉を太陽とするなら、夫婦桧は月に例えられます。

確かに寄り添うさまは夫婦のようですね!

(出典:巨樹と花のページ)

そして、本殿の奥にあるのが藤次郎杉。北口本宮富士浅間神社には、富士次郎杉。これらのご神木はパワーに溢れていて、そばに寄るだけで元気がもらえます。

二人の木花咲耶姫 富士山本宮浅間神社と北口本宮富士浅間神社の姫神の違い

富士山本宮浅間神社と北口本宮富士浅間神社、この二つの神社のご祭神は浅間大神である木花咲耶姫。でもこの二人の姫神様は性格が違います。富士山本宮浅間大社の木花咲耶姫は、ご神木が桜出ることもあり、ピュアで可憐なお姫さまのイメージ。弾むようにキラキラと元気で素早く成長する若い姫神さまです。
変わって北口本宮富士浅間神社の木花咲耶姫は、夫婦で祀られていることもあり、落ち着いた深みのある大人の女性。穏やかな安定感があり、じっくりとした成長を促します。この二つのエネルギーは対照的で、富士山本宮浅間神社が「陽」であれば、北口富士山浅間神社は「陰」とされていて、富士山周辺を訪れる方は、この二つの神社をペアで回ると陰陽のバランスが取れていいとされています。

二つの神社は、富士山を挟んでちょうど反対側にあります。

まとめ

今回は、前回の富士山本宮浅間神社と合わせる形で、北口本宮富士浅間神社をご紹介してきました。富士山周辺にある神社で、同じご祭神を祀っているけれど二つの神社は雰囲気が全く違います。でも、姫神さまをお祀りし、特に北口本宮富士浅間神社の木花咲耶姫は”妻”としての顔を持つことから、縁結びのご利益があるとして多くの女性から慕われているようですね!
山として当拝するだけでもパワーがもらえる富士山。周辺に行かれる際には、ぜひ北口本宮富士浅間神社に立ち寄って、木花咲耶姫の愛のパワーを頂いて下さいね!

北口本宮富士浅間神社 アクセス