Pocket

今は10月。肌寒くなってくる人恋しい季節です。
これからだんだん冬へと向かう季節で、見ごろになってくる、”紅葉”。春の桜や秋の紅葉は四季に富む日本ならではの贅沢の一つですよね。

日本が誇る有数の観光地である京都には、紅葉の名が沢山あります。秋の美しさを教えてくれる真っ赤な紅葉。でも、紅葉は紅いだけでなく、青いもみじも素敵です。実は、「そうだ、京都へ行こう」のJR東海のキャンペーンでは、初夏に向かう、むせぶような青もみじを紹介しているものがあります。青もみじのスタンプの入った御朱印ももらえるんです!それとは別に、燃えるような赤い紅葉のスポットも個別に紹介されています。

今回は、その大変美しいもみじが青から赤へ移っていく様に焦点を当てて、いくつかの京都の紅葉の名所をご紹介したいと思います。

貴船神社

貴船神社は京都の洛北の山の中に位置する神社です。古くから水の神様をお祀りする神社として有名です。鴨川の減流にあたる清流、貴船川と山々に囲まれていて、初夏には約3000本の青もみじに包まれます。特に美しいのは大鳥居から本殿へと続く参道。

石段は約80、それを囲むフレッシュな青もみじと朱塗りの春日灯籠とのコントラストが大変美しく、幻想的な雰囲気を醸し出してくれます。5月には「新緑ライトアップ」も催されていて、昼の貴船神社とまた違った趣が楽しめるようになっています。青もみじが楽しめるのは初夏~初秋。

続いて、緑から黄、赤へ、紅葉のグラデーションがきれいな11月上旬には紅葉の色が移り変わります。青もみじと同じく、貴船口の一の鳥居から春日灯籠がつづく本宮参道まで紅葉がとても美しい。気力が生じる根源ということから、「氣生根(きふね)」とも称される貴船。青から赤へと移る様は新緑の力強さから実りの秋への風景を見せてくれます。
 (青もみじの頃の本宮参道。春日灯籠の赤とのコントラストがとても美しい)

 (龍船閣からの風景)

祇王寺

祇王寺は京都の人気観光エリアの嵯峨野にあります。嵯峨野はかなり広い地域で、多数の寺社が点在しています。祇王寺があるのは人で賑わう嵐山からさらに奥まった奥嵯峨野エリア。夏はオフシーズンで青もみじが楽しめます。ここ祇王寺で有名なのが、何といっても苔の庭園!フカフカの苔は何とも言えず、心癒される風景なのです。青もみじとのコントラストがまた美しい。
でも、祇王寺は秋の紅葉でも有名です。祇王寺の紅葉はただ、燃えるように生えている紅葉だけでなく、苔の上に降り積もる “散り紅葉”でも知られています。祇王寺は平家物語にも登場する悲恋で知られる尼寺。どの風景にも物悲しさの上に、何とも言えない風情が感じられることでしょう。
(青もみじに若竹、そして苔の絨毯が織り成す幻想的な緑の世界が広がる)

 (これからは苔の上に降り積もる散り紅葉が楽しめます)

糺の森

糺の森のある下鴨神社は京都の中心を流れる鴨川沿いをさかのぼっていった先の京都北部に位置しています。ちょうど、鴨川と高野川が合流する三角地に位置し、京都北部(比叡山や三千院、貴船神社などがある)の玄関口にもなっているところです。

これは京都市民にも案外知られていないのですが、実は下鴨神社の参道には糺の森というユネスコ遺産に登録されタモリがあります。ここは、東京ドーム三個分にも及ぶ広さがあるのです!              参道を包み込む高い木々のトンネルはまるで緑のトンネル。紀元前3世紀頃の原生林と同じ植生を今に伝えます。静寂と神聖な雰囲気に包まれ、神が宿るとも言われる糺の森は京都随一の癒しスポットと言っても過言ではないでしょう。

春から夏にかけての新緑の季節には力強かった緑のトンネルが、徐々に黄色や赤に染まっていきます。

(森全体が色づく。特に川沿いがきれいです)

東福寺

こちらは京都洛南に座する東福寺。東風時の成り立ちですが、東大寺と興福寺から一字ずつ取り、摂家九條道家により創建された「東福寺」。秋の紅葉のシーズンには一日数万人が訪れる人気スポットですが、初夏はそんな混雑はなかったかのような緩やかな時間が流れる場所になっています。

境内の敷地は約60,000坪。有名な境内にかけられている通天橋から臥雲橋を眺める位置で大スケールの青もみじを楽しむことができます。境内にある千本のカエデの木、紅葉の名所は青もみじの名所でもあります。

(通天橋からの風景はまさに赤い雲海!)

東福寺には紅葉だけでなく、もう一つの見どころが。それが、日本を代表する作庭家・重森三玲による「八相の庭」。モダンな方丈庭園で、4つの庭園がありますが、特に人気なのが45cm四方の苔が作り上げる市松模様の北庭です。初夏にはサツキがアクセントになり、可愛らしい雰囲気です。

東福寺ホームページ


まとめ

もうすぐ紅葉真っ盛りの時期に入るので、今回は “紅葉” にスポットを当ててご紹介してきました。京都は本当にもみじの名所が多く、今回ご紹介した寺院も紅葉の名所というだけではなく、パワースポットとしても有名です。
紅葉と聞くと赤い色を思い出しがちですが、初夏から夏にかけての青もみじも大変美しいので、今回は季節柄そのコントラストも見て頂きたく、青もみじと紅葉の風景をご紹介しました。青もみじの時期には各寺院、青もみじマーク入りの特別な御朱印も用意してくれます。ぜひ、今からは紅葉を、そしてまた初夏から夏にかけては青もみじの感動を味わってみて下さいね!

(出典:「そうだ、京都へ行こう」2018 青もみじ特集

(出典:「そうだ、京都へ行こう」2018 紅葉特集

(写真はすべて「そうだ、京都へ行こう」より)